【株式投資】2024年1月の受取配当金は14.6万円【クミアイ化学│MO│PM│TROW│LMT】

配当金 株式投資
スポンサーリンク

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年1月の受取配当金です。

私の高配当株投資先は、

【米国株】VYM、JEPI&JEPQ、高配当株

【日本株】高配当株

です。

税引後の受取配当金は、

  • 米国株から631.75ドル
  • 日本株から55,887円
  • 合計で約14.6万円(1ドル=144円で計算)

となりました。

受取配当額の上位5銘柄

NOティッカー等銘柄名配当利回り
(参考値)
受取額
14996クミアイ化学工業3.33%38,727円
2MOアルトリア・グループ9.77%38,603円
3PMフィリップモリス5.72%17,974円
4TROWTロウ・プライス・グループ4.57%15,500円
5LMTロッキード・マーチン2.93%8,460円

*配当利回りは本稿作成時点で楽天証券もしくはYahooファイナンスにて表示される数値であり、参考程度

*米国株からの配当金は1ドル=144円換算

投資目標の達成度

私の現在の投資目標はこれまでと同様、月額平均で20万円の税引後配当確保です。

1月の受取配当金をもとに単月での達成度を計算すると14.6/20*100=73.0%

1月は日本株からのまとまった配当がないため、それほどの金額にはならないかと思っていましたが、まずまずの配当収入となりました。

雑感

クミアイ化学工業からの瞬間風速的な配当収入

1月の受取配当額1位となった農協系の農薬メーカー「クミアイ化学工業」ですが、潤沢な配当収入がもらえるのは、当面の間は今回が最初で最後となる見込みです。

次回からの配当金については、大幅な減配がアナウンスされているからですね。

過去の記事にも書いていたように

  • 順調な業績推移
  • 長期の累進配当&最近の高い増配率
  • 配当方針である「安定配当」への安心感

から、まとまった額を投じていました。

しかし12月の本決算発表で次期の減益&減配が公表されて株価は急落。

本決算までに私も含め少々投機的な思惑も混じっていたため、大きな値動きとなりました。

長期的には成長が期待できる業界の大手メーカーであるため、今のところ売却する予定はありません。

とはいえ当初は新NISAの成長投資枠を使うつもりでしたが、それはやめることにしました。

理由は業績云々ではなく、減配の幅がかなり大きく、損益通算ができず「失敗しない投資」が必要な新NISAでは安心して保有できないからです。

長い目で見て

  • 配当水準が2023年10月期並に早く戻ること
  • 累進配当の導入など株主還元のあり方の見直しが進むこと

を期待したいと思います。

LMTの保有を継続するべきか否か

受取配当5位となったLMTですが

  • このまま保有を継続するか
  • どこかのタイミングでVYMに資金を入れ替えるか

しばしば悩んでいます。

LMTの売却を考える理由は

  • 取得価額(356$)で見た利回りでも「3.53%」とそれほど高いわけでもない
  • VYMに乗り換えた方が管理が楽で、キャピタルとインカムに対する期待もさして違いがない

というもの。

一方、保有を続けようかと考える理由は

  • 不安定な世界情勢を思うと、保有を続けても悪くなさそう
  • 利益確定分の税金と売買手数料が惜しい

という2点です。

これらの理由が自分の中でせめぎ合っているような感じで、なかなか結論が出ません。

悩みながらも結論が出ていないということで、今後何かしらのきっかけがない限りは、現状維持で保有を続けることになりそうです。

関連記事

↓先月の受取配当金です

↓「日本の連続増配株を探す方法」についてまとめた記事です。ようやく自分なりの方法が確立されてきました

↓個別株投資をするなら、日本株にしろ米国株にしろマネックス証券の銘柄分析ツールの利用をおすすめします。時間をかけすぎずに、でも納得できる投資をするのにとても役立ってくれます。私が気になる銘柄を調べる時は、最近はマネックスとmoomooの2本立てがメインです

タイトルとURLをコピーしました