【日本酒】仙禽 の感想・レビュー(あかとんぼ│無濾過原酒│栃木県│せんきん)

日本酒
スポンサーリンク

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

栃木県の「仙禽」(あかとんぼ)を購入して飲んだので、その感想や購入方法、味わいチャートなどを書いていきます。

初めに簡単な感想をまとめておくと、

  • 中濃・中口
  • 甘口か辛口か考えるよりも先に酸味の強さが来るような特徴的味わい
  • 酸味のある白ワインのような味わいの日本酒」を飲んでみたいという人におすすめ

でした。

仙禽(あかとんぼ)の基本情報

 読み方 せんきん
 都道府県 栃木県
 製造者 株式会社せんきん
 内容量 720ml
 製造年月 2022年9月
 精米歩合 60%
 アルコール分  14度
 原料米品種  ドメーヌさくら・山田錦(栃木県さくら市産)7.5割
ドメーヌさくら・亀の尾(栃木県さくら市産)1.5割
ドメーヌさくら・雄町(栃木県さくら市産)1割
 使用酵母 表記なし
 日本酒度 表記なし
 酸度 表記なし
 アミノ酸度 表記なし
 その他 あかとんぼ2022、無濾過原酒、ドメーヌ化

仙禽の口コミサイトでの評価

日本酒の口コミサイトであるSAKETIMEでの評価(本稿作成時点)を参考に載せておきます。

点数
(5.00点満点)
   4.13   
全国ランキングーーー
栃木県ランキング5位

4.13点となかなかの高得点ですが、全国トップ100には登場せず、栃木県ランキングで5位という評価です。

森岡
森岡

「高評価を受けている栃木県の銘酒の一つ」という感じですね

*全国にはおよそ1.5万銘柄が存在するとされています

仙禽(あかとんぼ)の購入方法と購入価格

  • 【購入方法】地域の酒屋さん
  • 【購入価格】税込1,900円

仙禽(あかとんぼ)の入手困難度・レア度

店頭でたまに見かけることがあるものの、楽天やAmazonなどの通販サイトでの流通量は少なく、時期が合わないと購入が難しいので、「かなり珍しい」銘柄といえそうです。

  • 普通:スーパーやチェーン店の酒屋さんで買える
  • やや珍しい:店頭で見かけることは少ないが、Amazonなどで普通に買える
  • かなり珍しい:こだわりの強い酒屋さんで買える、Amazonなどで高めの値段で買える
  • ものすごく珍しい:店頭で見かけることはほぼない、Amazonなどでプレミア価格がついている

仙禽(あかとんぼ)の味わいチャート

【日本酒】仙禽 の味わいチャート(あかとんぼ│無濾過原酒│栃木県│せんきん)

※私の主観で各銘柄ごとに作成しているオリジナルのチャートです

仙禽(あかとんぼ)を飲んだ感想

  • 印象 ➡ 酸味の強い白ワインもしくはビネガードリンク
  • イメージの近い銘柄 ➡ 白嶺・vivid(京都府)

<コメント>

栃木県の「仙禽」です。

以前に同じシリーズの「線香花火」を飲んだことがありました↓

その時の印象が悪くなかったのと、今回もその印象的なラベルに目を引かれたのもあって購入してみました。

ザックリと飲んだ感想をまとめると、

  • 中口
  • 中濃
  • 原酒ゆえか意外に重たさがある
  • ”酸っぱい”という第一印象になるほど酸味が強い
  • 黄桃のような甘酸っぱい感じの香り
  • 粘性や発泡感はなし

となります。

森岡
森岡

とにもかくにも酸味の強さが特徴的な日本酒です

仙禽 線香花火の甘酸っぱい味わいとは随分異なり、驚きました。

酸味が強めの白ワインのような味わいです。日本酒では珍しい気がします。

まず外観として黄色っぽい色味があり、香りはやや甘ったるいともイメージしそうな黄桃のような香りがします。

そこから甘酸っぱい味わいを想像して飲みましたが、実際には甘さはほとんど感じませんでした。

かといって辛口というわけでもありません。中口といったところですが、それよりも「酸っぱい」という感想が真っ先にきます。

口に含んだ最初の方は軽い感じで飲みやすいかと思いましたが、飲み込んだ後の余韻で徐々に重さを感じます。原酒だからでしょうか。思いの外、重みのある日本酒です。

いつもと違う日本酒が飲みたいという時や、夏に飲むのに合いそうです。

あかとんぼというと「夕暮れ」や「郷愁」といった言葉が思い浮かびますが、そうしたイメージとは異なる味わいでした。

余談ですが、仙禽というと少し前まではSAKETIMEの全国ランキングに常時登場していましたが、いよいよトップ100からは外れてしまったようです。徐々に順位が落ちてきていることには気が付いていましたが、「あの仙禽が」という感は否めません。

日本酒業界の変化に、めまぐるしいものがあるのかもしれませんね。

仙禽(あかとんぼ)をおすすめできる人

酸味のある白ワインのような味わいの日本酒」を飲んでみたいという人におすすめです。

  • いつもの晩酌向き(コスパ重視)
  • いつもの晩酌向き
  • 自分へのご褒美として
  • 変わり種が飲みたい時に
  • 大切な人への贈り物として

蔵や銘柄についての情報

銘柄やそれを製造する蔵のことを少しでも知ると、より深く日本酒を楽しむことができます。

株式会社せんきんのホームページから特徴などをピックアップしました。

  • ホームページにあるキャッチフレーズは「この土地でなければ生まれない、唯一無二を。」
  • ”ドメーヌ”に強いこだわりをもっている
  • 仙禽には4シリーズがある
    • 完全無添加の超自然派「ナチュール」
    • 酸味と甘みの「モダン」
    • 古くて新しい「クラシック」
    • 上質を味わう「プレミアム」

\”いつもと違う日本酒”をおまかせで

いつもと違う日本酒を飲みたい

という人には、日本酒の定期便「SAKEPOST」という選択肢もあります。

出所:SAKE POST公式サイト

ポストに届く日本酒定期便(受取がラク)

毎月3酒蔵の日本酒が届く(どんなお酒が届くかはお楽しみ)

銘柄の詳細はパウチ裏のQRコードから(先入観なしで飲める)

飲みきりサイズ100ml×3パック(色々試すのに最適)

「いつも違う日本酒を」と思っても、自分で選ぶとどうしても似た銘柄を選びがちです。

探す手間や購入する手間もかかります。

定期便を使えばおまかせで日本酒が届くため、「自分では選ばなさそうな、でもおいしい日本酒」に出会えることも。

「最低契約期間:3ヶ月」のサブスクですが、逆にいえば少なくとも9銘柄を試すことができます。(3銘柄×3ヶ月。3ヶ月経過後はいつでも解約可能)

量が多すぎないため、「少しずつ飲みたい人」や「飲み比べを楽しみたい人」にもおすすめです。

\ 月\1210~の日本酒飲み比べ /
送料無料プランもあります

購入方法やおすすめの日本酒通販サイト

↓仙禽(あかとんぼ)の購入先を探しましたが、本稿作成時点では

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahooショッピング

のいずれも取り扱いがありませんでした。季節性の高い商品だからということでしょう。

↓(参考)比較的ノーマルなタイプの仙禽で、こちらは普通に購入できます

↓仙禽(あかとんぼ)と似たイメージの日本酒として「白嶺」です。こちらも際立った酸味の強さが印象的な日本酒です

↓ふるさと納税でお勧めの日本酒を甘口やコスパなどの部門別にランキングで紹介しています。

↓おすすめの日本酒通販サイトはこちらにまとめています。日本酒や酒器(おちょこやワイングラス)の購入に便利なサイト、日本酒やおつまみのサブスクを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました