【日本酒】風の森の感想・レビュー(純米酒│807│無濾過生原酒│雄町│奈良県│油長酒造)

日本酒
スポンサーリンク

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

奈良県の「風の森」(純米酒)を購入して飲んだので、その感想や購入方法、味わいチャートなどを書いていきます。

初めに簡単な感想をまとめておくと、

  • 濃醇と淡麗の中間ぐらい・やや甘口
  • 青いバナナのような華やかな香り、発泡感がしっかりとあり、非常においしい
  • 高精米歩合でも雑味のない甘苦の日本酒に惹かれる人に強くおすすめ

でした。

風の森(純米酒)の基本情報

 読み方 かぜのもり
 都道府県 奈良県
 製造者 油長酒造株式会社
 内容量 720ml
 製造年月 2023年1月
 精米歩合 80%
 アルコール分  16度
 原料米品種  雄町
 使用酵母 表記なし
 日本酒度 表記なし
 酸度 表記なし
 アミノ酸度 表記なし
 その他 無濾過生原酒、807

風の森の口コミサイトでの評価

日本酒の口コミサイトであるSAKETIMEでの評価(本稿作成時点)を参考に載せておきます。

点数
(5.00点満点)
   4.18   
全国ランキング72位
奈良県ランキング2位

4.18点と高得点で、全国ランキングでは72位、奈良県ランキングでは2位という高評価を得ている銘柄です。

森岡
森岡

全国的な評価も高い奈良県を代表する銘柄の1つです

*全国にはおよそ1.5万銘柄が存在するとされています

風の森(純米酒)の購入方法と購入価格

  • 【購入方法】遠方の酒屋さん
  • 【購入価格】税込1,430円

風の森(純米酒)の入手困難度・レア度

なかなか店頭で見かけることはないものの、Amazonや楽天では通常の値段で販売されているので「やや珍しい」銘柄といえそうです。

  • 普通:スーパーやチェーン店の酒屋さんで買える
  • やや珍しい:店頭で見かけることは少ないが、Amazonなどで普通に買える
  • かなり珍しい:こだわりの強い酒屋さんで買える、Amazonなどで高めの値段で買える
  • ものすごく珍しい:店頭で見かけることはほぼない、Amazonなどでプレミア価格がついている

風の森(純米酒)の味わいチャート

【日本酒】風の森の味わいチャート(純米酒│807│無濾過生原酒│雄町│奈良県│油長酒造)

※私の主観で各銘柄ごとに作成しているオリジナルのチャートです

風の森(純米酒)を飲んだ感想

  • 印象 ➡ 高精米歩合なのに複雑かつきれいな味
  • イメージの近い銘柄 ➡ 鍋島(佐賀県)

<コメント>

奈良県の「風の森」です。

遠方に出かけた際に時間があったので、その地域の酒屋さんを覘き、発見しました。

もともと銘柄の存在は知っていたのですが、店頭で見かけることがなく、その特徴的な銘柄名に惹かれつつも飲めずじまいだった銘柄です。

これも一期一会と考え、購入してみました。

精米歩合80%という特徴と、税込1430円という良心的な価格も魅力を感じた点です。

ザックリと飲んだ感想をまとめると、

  • やや甘口
  • 濃醇と淡麗の中間ぐらい
  • やや重い
  • 酸味と苦味が共存
  • ラベル記載通り、青いバナナのような華やかな香りがしっかり
  • 粘性がややあり、発泡感はしっかり感じる

でした。

森岡
森岡

非常においしいです。高精米歩合からくるイメージとは随分ギャップがあります

開栓時にポンっという音が鳴るタイプで、やはり発泡感がしっかりありました。

精米歩合80%ながら雑味を感じず、甘苦い感じがありつつ、若干の酸味もあるという味わいです。

高精米歩合から抱くイメージとはかなり乖離のある洗練された味わいで、良い意味の驚きがありますね。

最近飲んだ銘柄でいうと、山口県の「ohmine」や京都府の「神蔵」を飲んだ時と同様の感動を覚えました。

非常においしいです。

十四代、飛露喜、新政、写楽といった銘柄が好みの人なら、まず気に入る味わいだと思います。

ちょっと調べたところでは、この「風の森」は720mlの四合瓶しか販売していないようですね。どうも、人気が高く、一升瓶を製造すると多くの人へ届けられないということを危惧したことが要因のようです。

その人気の高さにも頷ける納得の味わいでした。

今回飲んだものとはまた違ったシリーズの風の森を見つけた際は、進んで飲んでみようと思います。

風の森(純米酒)をおすすめできる人

高精米歩合でも雑味のない甘苦の日本酒」に惹かれる人に強くおすすめです。

上質な味わいなので自分へのご褒美としても重宝しますし、精米歩合80%という特徴がおもしろいのでその味わいとのギャップを狙いとして日本酒好きへプレゼントするのにも好適でしょう。

  • いつもの晩酌向き(コスパ重視)
  • いつもの晩酌向き
  • 自分へのご褒美として
  • 変わり種が飲みたい時に
  • 大切な人への贈り物として

購入方法やおすすめの日本酒通販サイト

↓風の森(純米酒)の購入はこちら

  • 2023.3.6時点の情報
  • 楽天市場
    • 720ml 1,430円~
  • Amazon
    • 取扱いなし
  • Yahoo!ショッピング
    • 720ml 1,430円~

↓風の森(純米酒)と似たイメージの日本酒として佐賀県の「鍋島」です。こちらも華やかさと苦味が共存する高評価銘柄です

↓ふるさと納税でお勧めの日本酒を甘口やコスパなどの部門別にランキングで紹介しています。

↓おすすめの日本酒通販サイトはこちらにまとめています。日本酒や酒器(おちょこやワイングラス)の購入に便利なサイト、日本酒やおつまみのサブスクを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました