【株式投資】2022年11月の受取配当金は5.3万円でした

配当金 株式投資
スポンサーリンク

2022年11月の受取配当金です。

私の高配当投資先は、

  • 【メイン】VYM、米国高配当株
  • 【サ ブ】日本高配当株

です。

税引後受取配当金は、米国株から394.26ドル、日本株からは0円でした。

1ドル=135円で計算すると合計で約5.3万円ということになります。

受取配当額の上位5銘柄

NOティッカー等銘柄名配当利回り
(参考値)
受取額
1BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ6.66%167ドル
2VZベライゾン・コミュニケーションズ6.84%101ドル
3JEPIJPモルガン・米国株式・プレミアム・インカムETF11.13%58ドル
4ABBVアッヴィ3.62%53ドル
5PGプロクター・アンド・ギャンブル2.43%8ドル

※配当利回りは、本稿作成時点で楽天証券にて表示される数値のため、ざっくりとした参考値です。

投資目標の達成度

私の現在の投資目標はこれまでと同様、月額平均で20万円の税引後配当を確保することです。

11月の受取配当金をもとに達成度を計算すると5.3/20*100=26%ということになります。

私のポートフォリオでは総投資額に占めるVYMの割合が大きいため、3,6,9,12月に受取配当金が多くなる傾向にあります。

雑感

11月に配当金を受け取れる銘柄をそれほど持っていないので、9月や10月と比較して受取配当金がやや少なくなりました。

頼りになるのはやはりタバコ株のBTI

株価が低迷していた時期にせっせと買い集めていたので、キャピタル面で含み損になることはなかなかありません。

その上で高い配当金を享受できるので、個人的にはかなり気に入っている銘柄の一つです。

気にしておきたい点としては、

  • ポンド建てで配当金が出るため、ポンド、ドル、円の為替の影響を受ける
  • タバコ産業の将来性

あたりでしょうか。

JEPIの買い増し経緯

10月の終わりごろにまとまった額をJEPIに投じました。

過去の記事でもJEPIとQYLDを比較して「買い増すのであればJEPI」という考えを持っていましたが、それを実行したかたちです。

原資は、VTIとVTの売却資金です。

VTIとVTは米国株投資を始めたばかりの頃に、深く考えずに買っていたものです。その後、高配当銘柄をメインに投資をすることを決め、その通りにしてきましたが、VTIもVTもあえて売る必要のない優良なETFとして保有を続けていました。

しかしながら、最近私の中で経済的自立への切迫性が高まってきてしまったため、トータルリターンはVTI・VTに劣るでしょうが、高分配ETFの中では相対的に安定感のあるJEPIに乗り換えたという次第です。

特に私の場合は、経済的自立を4%ルールではなく、「配当金>生活費」の割合で測ることとしているので、どうしてもインデックスファンドよりも高利回りのETFを選びたくなる面があります。

このまま、毎月60ドル近い分配金が出続けるのであればなかなか頼もしいですが、さてどうなるでしょうか。

↓関連記事です。

先月の受取配当金です。

高配当株投資ではある銘柄を知っているか知らないかが重要ですよね。

米国株を知るきっかけの一つとしてオックスフォードインカムレターが便利ですよ。

タイトルとURLをコピーしました