【株式投資】2022年10月の受取配当金は6.2万円でした

配当金 株式投資
スポンサーリンク

2022年10月の受取配当金です。

私の高配当投資先は、

  • 【メイン】VYM、米国高配当株
  • 【サ ブ】日本高配当株

です。

税引後受取配当金は、米国個別株から431.66ドル、日本高配当株からは0円でした。

1ドル=145円で計算すると合計で約6.2万円ということになります。

受取配当額の上位5銘柄

NOティッカー等銘柄名配当利回り
(参考値)
受取額
1MOアルトリア・グループ8.12%225ドル
2TROWTロウ・プライス・グループ4.42%67ドル
3PMフィリップモリス5.49%39ドル
4KMBキンバリークラーク3.73%34ドル
5CSCOシスコシステムズ3.33%27ドル

※配当利回りは、本稿作成時点で楽天証券にて表示される数値のため、ざっくりとした参考値です。

投資目標の達成度

私の現在の投資目標はこれまでと同様、月額平均で20万円の税引後配当を確保することです。

10月の受取配当金をもとに達成度を計算すると6.2/20*100=31%ということになります。

私のポートフォリオでは総投資額に占めるVYMの割合が大きいため、3,6,9,12月に受取配当金が多くなる傾向にあります。

雑感

軟調な米国市場ですが、セオリー通り生活必需品セクターであるMO,PM,KMBはまだ健闘している方ですね。

一方、金融のTROW、ITのCSCOは軟調です。

注目していたTROW

バロンズダイジェストで偶然知ったTROWですが、その後急いで買い集め今回初めて配当金を受け取りました。

タバコ株ほどの配当利回りはないのでインパクトはそれほど大きくないかもしれません。

ですが、40年近い連続増配かつ株価も長期では右肩上がりの銘柄です。

最近では金融緩和的なニュースが出ると株価が上がり、逆に引き締め観測のニュースが出ると株価が下がるという動きを繰り返しています。

金融政策に対する株価の感応度が結構高いと感じています。

ですが、いずれFRBも金融緩和に向かっていくという方向性を考えれば、今はこの株を買っておくいい機会ではないでしょうか。

↓関連記事です。

高配当株投資ではある銘柄を知っているか知らないかがとても重要です。

今回のTROWも私の中ではまさにそうした銘柄でした。

米国株を知るきっかけの一つとしてオックスフォードインカムレターが便利ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました