【株式投資】2021年12月の受取配当金は約5.3万円でした

配当金 株式投資
スポンサーリンク

12月の受取配当金です。

税引後受取配当金は、全て米ドルで481.66ドルでした。1ドル=110円で計算すると約5.3万円ということになります。依然として円安傾向が続き1ドル=113~115円近辺で推移していますが、なおしばらく1ドル=110円換算で受取配当金は見ていこうと考えています。

受取配当額の上位5銘柄

  1. VYM →237ドル
  2. AMGN→ 63ドル
  3. LMT → 52ドル
  4. XOM → 51ドル
  5. VT  → 21ドル

投資目標の達成度

私の現在の投資目標は、これまでと同様、月額平均で20万円の税引後配当を確保することです。

12月の受取配当金をもとに達成度を計算すると5.3/20*100=26.5%ということになります。

雑感

VYMの存在感が一気に大きくなってきました。

これまで私の投資の元手にちゃんと触れてこなかったように思います。私が行っている高配当投資は、妻の了承のもと夫婦合算で行っています。つまり一馬力ではなく二馬力です。私の給料分ではよりリスクの高い高配当個別株を(ある意味自己責任で)購入し、妻の給料分では相対的にリスクの低いVYMを購入してもらうようにしています。

私が10超の個別株に分散投資する一方、妻は大部分をVYM1銘柄に投じるため、夫婦合算のポートフォリオでは必然的にVYMの保有割合が高くなります。そしてその受取分配金も時間の経過に伴い存在感が大きくなるという理屈です。さらに一部は一般NISA枠で購入しています。

VYMは現在の分配金利回りが2%台後半とそれほど魅力的な水準とはいえません。が、キャピタルとインカムのバランスが良く、増配率等の分配金の過去推移や銘柄分散数が安心感を持って保有できることにつながっています。SPYDなどより高配当のETFに目移りしたこともありますが、目先の欲にとらわれず安定感重視の高配当投資をするならVYMだろうということで落ち着きました。

2位3位には、ここ数カ月株価が軟調で買い増しを続けていたAMGNLMTが位置しました。最近はやや株価が持ち直してきているので、さらに追加投資するかどうかは微妙なとこです。どうもバリュー株への資金流入が大きくなってきているそうですね。買い増しの意欲が落ちてしまうので、まだしばらく軟調なままの株価であってほしいというのが本音です。

なお、VTは米国株取引を始めた頃に購入したもので、それ以降は追加投資しておらず今後もそのつもりです。私が全世界株を買うなら、楽天カードで投資信託のeMAXISSlimオールカントリーを積み立てるか、分配金がもらえるETFのMAXISオールカントリーにしますね。VTを楽天証券で購入しようと思うと、今のところ購入手数料こそ無料の対象となっているものの、ドル転の際に為替手数料が取られてしまうからです。

↓私が現在の投資目標を決めた要因となった本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました