【株式投資】2022年7月の受取配当金は約5.1万円でした

配当金 株式投資
スポンサーリンク

2022年7月の受取配当金です。

税引後受取配当金は、米国個別株&ETF、東証ETFから374.92ドルでした。東証ETFからの受取分配金(円)はドル換算しています。

1ドル=135円で計算すると約5.1万円ということになります。

受取配当額の上位5銘柄

NOティッカー等銘柄名配当利回り
(参考値)
受取額
1MOアルトリアグループ8.14%155ドル
22559MAXIS全世界株式—%49ドル
3KMBキンバリークラーク3.50%31ドル
4PMフィリップモリス5.10%30ドル
5CSCOシスコシステムズ3.35%27ドル

※配当利回りは、本稿作成時に楽天証券で表示される数値のため、ざっくりとした参考値です。

投資目標の達成度

私の現在の投資目標はこれまでと同様、月額平均で20万円の税引後配当を確保することです。

7月の受取配当金をもとに達成度を計算すると5.1/20*100=25.5%ということになります。

私のポートフォリオでは1,4,7,10月は受取配当金が相対的に少ない傾向にあります。

その中でも月5万の配当を得られたというのはまずまずかなという心象です。円安の恩恵があるのはいうまでもありません。

雑感

7月は私のポートフォリオでは相対的に受取配当金の少ない月でした。

その中で頼りになるのはMOやPMといったタバコ株です。

将来動向が不安視される業界ですが、配当利回りはやはり高いです。

投資割合を一定に抑える前提ならば、高配当投資の有力な選択肢となるでしょう。

今月の受取配当金2位となった2559MAXIS全世界株式は、投資信託において知名度の高いeMAXISslim全世界株式(オールカントリー)のETF版ですね。

分配金が出る際の課税により、投資信託よりは投資効率が落ちます。それでも、投資の楽しさを感じるには私はやはり配当・分配金が出る方が好みです。

5銘柄の年初来騰落率(出典:Googleファイナンス)

↓私の現在の投資目標を決める要因となった本です。米国高配当株投資で経済的自立なりFIREを目指す場合には一読の価値があるでしょう。

↓同じくFIREや経済的自立を目指すうえでとても参考になる本です。書店でも長期に渡りすごい売れ行きが続いていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました