【株式投資】2021年10月の受取配当金は約1.5万円でした

株式投資

10月の受取配当金です。

税引後受取配当金は、全て米ドルで135.89ドルでした。1ドル=110円で計算すると約1.5万円ということになります。最近は円安が進んで1ドル=114円前後で推移していますが、過去数カ月のトレンドから、しばらく1ドル=110円換算で受取配当金は見ていこうと考えています。

受取配当額の上位3銘柄

  1. MO→122ドル
  2. VTI→9.89ドル
  3. PM→4ドル

コメント

私の現在の投資目標は、月額平均で20万円の税引後配当を確保することです。

10月の受取配当金をもとに達成度を計算すると1.5/20*100=7.5%ということになります。

10月の配当受取銘柄は上記の3つのみでした。VTIについては、米国株投資を始めたばかりの頃、すなわち投資方針が不確定の時期に購入したもので、高配当株をメインにすることを決めてからは購入していません。

VTIを除くと、たばこ株のみですね。どうも、1月、4月、7月、10月は受取配当金が相対的に少ない月になりそうです。心理的にはなんとなく毎月同程度の配当金が欲しいと感じるのですが、それを狙って投資銘柄を選ぶと歪な投資になってしまいそうなので気をつけようと思います。あくまで、年間の受取配当金240万円が目標です。

なお、VTIについては投資対象としてはごくごく真っ当で投資の最適解の一つともいえるものだと思うので、売買手数料等の面もありますし、よほどのことがない限りはそのまま保有するつもりです。よほどのことというのは、今の生活を投げ捨てでも「今とは違うどこか別の場所へ」という気持ちが爆発するような差し迫ったような状況のことです。

今後そうした状況になる可能性はよほどないとは思うのですが、如何せん、FIREという言葉を知る直前の時期はまさにその境地でしたので、断言はできないですね。悲しいことですが。しばらくは、仕事にまじめに(≠熱心に)取り組みつつ、かたや投資でしっかり経済的自立への道筋を立てるということを地道に続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました