【酪農】就農直後に苦労したこと・大変だったこと⑤休日の少なさ

酪農 酪農
スポンサーリンク

就農直後に苦労したことの5つ目は「休日が少ない」ことです。非常にシンプルですが、その辛さは今なお感じるところです。

酪農は勤務時間が変則的であるということを以前書きましたが、休日についても同様で、それまでの学生・社会人生活で当たり前であった休日観が全く通用しないこととなりました。多くの人はこれまでも、そして今も週休2日(概ね土日+祝日)ということが多いでしょう。仕事によってはもちろんそうでない方もいらっしゃると思いますが、圧倒的多数はやはり週休2日(もしくはそれ以上)かと思います。

酪農では多くの牧場でそれがあてはまりません。私の地域やその周辺では、家族経営(≒個人事業主)の場合で月2~3日、法人経営の場合で月7日程度の休みというケースが多いです。

以下私の場合について説明します。

説明

私の勤める牧場では、休日というのは就農当時で月2~3日でした。(今は月4日程度です。)

月2日ということは2週間働いてようやく1日の休みがあるというペースで、月3日であれば10日間働いてようやく1日の休みがあるというものです。つまりそれぞれ14連勤もしくは10連勤の後お休みが1日だけあるということです。これを毎月毎月ずっと繰り返していくわけです。非常にきつかったですね。

肉体的に大変なのはもちろんですが、精神的にも厳しいものがありました。これまでの人生経験から、5~6日ほど仕事が続くと「そろそろ休みかな」という体に染みついた感覚が湧き上がってくるわけです。しかし実際にはまだまだ休みは先です。そこからの1日1日というのは体感的にとても長く感じました。

なぜこれほどまでに休みが少ないのかというと、

  • 酪農業では、毎日必ず搾乳作業をしなければいけない(=毎日必ず誰かが牧場で働く必要がある)
  • 家族経営的な牧場では人員が不十分な傾向が強い

という2点に集約されます。

私の勤め先では、月に数回あるヘルパーさんが来る日のみお休みが取れました。それ以外の日は、誰かが仕事を休むと、残りの人員の労働負荷がかなり上がるということで、基本的に休みは取れなかったですね。

対処・経過

こちらも慣れるしかありませんでした

私の場合で就農から半年ほど経った頃にようやく慣れてきたという感覚です。あくまで慣れたというだけなので、「これで良い・これで十分だ」というように落ち着いたということではないです。

休日は気力・体力の充実のためにしっかりと確保したい

雑感

酪農業が慢性的に人手不足である大きな理由の1つがこの「休日の少なさ」です。自分もサラリーマンから転職したことで、そのことが本当によく実感できました。

仕事をして給料を手にしても、それをなかなか使うことができなければ、なんのために仕事・生活をしているのかわからなくなりますよね。

「人生とは時間である」という言葉は時々目にします。生活のために仕事をするということはもちろん必要ですが、そればかりに時間を使う必要があるというのはやはり好ましくないですね。

昨今は、週休3日制、場合によっては週休4日制という言葉すらメディアで紹介されるような情勢です。その中にあって週休2日がままならないということであれば、酪農業に人が集まりにくいということは必然ともいえます。「そういう業界だから…」というように酪農の経営層が諦めてしまい、意識改革が進まなければ、ますますジリ貧になっていくと思います。

現在の私自身は、情けないことに仕事に対するモチベーションがかなり低下しています。それでも以前は、「自分が牧場を継いだら、完全週休2日制、場合によってはそれ以上の休日数で、従業員を募集・採用したい。人件費は増加するが、業務マニュアルの整備や、育った従業員と業務の改善・牧場の発展を目指していけばよりよい待遇を提示できるようになるだろう。」と考えていました。

休みが少ないというこの酪農業界の古くからの問題は、個々の牧場では改善の傾向がみられるところもあります。この辺りは、経営者の考えがどうかというところに強く依存しています。

「休日が少なくても構わない」、「とにかく牛・仕事が好き」という方は休日数の少ない牧場でもしっかり働いて行けると思います。一方で、「休みもしっかり欲しい」という方は、経営者がそうしたことに前向きで、かつ募集要項で休日数が多い牧場で働くことをお勧めします

↓関連記事です。酪農初心者さんから経験者まで、読む人別におすすめできる酪農本をまとめています。酪農に興味のある方は是非見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました