【私見】最近の座右の銘「塞翁が馬」

私見

最近、私の頭の中をぐるぐると回っている言葉が3つあります。

  1. 人間万事塞翁が馬
  2. 禍福は糾える縄の如し
  3. 足るを知る者は富む

です。中でも「(人間万事)塞翁が馬」という言葉に強く惹かれています。1と2は似たようなものですね。

「塞翁が馬」の意味

人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。[補説]昔、中国の北辺の塞とりでのそばに住んでいた老人の馬が胡この地に逃げたが、数か月後、胡の駿馬しゅんめを連れて帰ってきた。その老人の子がその馬に乗り落馬して足を折ったが、おかげで兵役を免れて命が助かったという故事から。

コトバンク、デジタル大辞泉より引用

とあります。

その時は不幸だと思っていたことも後から振り返ってみれば決して悪いことではなかった、場合によっては良かったこととさえ考えられる、そうした意味合いとして捉えています。

私の例

なぜ私がこの言葉に惹かれているか。

私自身がしばらく前にひどく苦しんだことが、今となっては一面では良い働きをしたとも捉えられるようになっているからです。

具体的に書きます。

このブログでたまに触れていますが、数年前に私が実家の牧場で働くようになってからしばらく経った頃、人間関係や仕事・家族の在り方をひっくるめたトラブルでどん底に落ちる経験をしました。当時は心底苦しく、体調にも異変をきたしました。苦しさしかなく、何一つ良いことなんてないという気持ちでした。

その苦しさから逃れられる手段としてFIREという概念を知り、すがる思いで資産運用を考えるようになりました。結果的に、資産運用について真剣に調べ着手するに至りました。

私自身は、そのトラブル以前から資産運用について考えた方がいいかなということはぼんやり思っていました。しかし、切迫性がなかったゆえに思うだけで何か行動をすることはなかったんですね。

だからこそ、今となれば「あのトラブルがあったからこそ、資産運用に真剣に取り組むようになり、将来に希望を持てるようになった」と思えるようになったのです。

この変遷に、まさに塞翁が馬という言葉がしっくりくるんですね。

塞翁が馬から考えられること

塞翁が馬という言葉からよく思うことがあります。

過去にあるのはあくまで事実だけだということです。

それをどう解釈するかで自分にとっての過去の価値は変わり得ます。解釈する自分も時の経過に伴い変化していきます。自分が変わると、同じ過去を見たとしても解釈は変わっていきます。

塞翁が馬の辛い側面

個人的にこの言葉は大変前向きなものとして捉えています。辛かった過去にも意味を見出すきっかけを与えてくれるからです。

一方で難しい面もあると考えています。つまり、苦しみの真っただ中ではこの言葉を考えられる余裕がなく、やはり辛さだけが際立つということです。

苦しい経験から意味を見いだせるというのはあくまで事後的だと思うのです。要は結果論だということです。

雑感

就活生の時によく座右の銘を書く必要に迫られました。しかし、当時の私にはそうした言葉が明確にはありませんでした。なので困って、なんとなく「親しき中にも礼儀あり」と書いていたことを覚えています。その時は多少なり本当にそう思ってはいました。

しかし、30代となった今の私が冒頭に挙げた言葉に心底納得する感じとはやはり別物です。

端的にいえば、苦悩した経験の深さが違うのだと思います。学生時代にももちろん様々なことに悩みました。それでも社会人として仕事をするようになってから苦悩したこととは質があまりに違ったように思います。

何もかもを投げ出して知らないところへ消えてしまいたい。学生時代の悩みからはそんな考えに至ることはありませんでした。しかし、しばらく前の私は心からそう思っていました。

こうした経験からある種の人生観・人生哲学が芽生え始めた頃に「塞翁が馬」のような言葉に出会うと、強い感銘を受けます。より多くの言葉を知ることが多少なり人生を豊かにするような気がしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました