【暮らし】『龍神の雨(道尾秀介)』を読んだ感想・レビュー

暮らし

道尾秀介さんの『龍神の雨』を読了したのでその感想などです。

元来、私はミステリー小説が好きです。島田荘司さんのような本格ミステリーよりは、道尾秀介さんのような、主題が他にあってその表現手段の一つとしてミステリーを利用しているというような、そういう本が好きです。

だいぶ前に購入して読めていなかった本です。最近は仕事もやや落ち着いてきているので読書の時間がとれるようになりました。嬉しいことです。

感想

まずは読んで良かったです。良い本でした。

4人(青年・少年2人・少女)がメインの登場人物の本書は、序盤~中盤にかけて伏線が張られていき、終盤にかけて一気に回収されていくような本です。終始、明るい感じというよりは胸の奥がチクチクするような感じで物語は進んでいきます。ただ、最後は決して甘くはないが救いもある、そんな本です。読後に、何かじんわりと考えさせられるような本だと思います。

道尾秀介さんの本は子供が主人公として登場することが多いですが、本書もそうです。そしてそうした子供たちの無邪気な悪意や出来心、想像の産物が物語を悲しく進ませていくことが多い気がします。

我々の日常では、大人は子供のことを必要以上に子供っぽく見ようとしているように感じます。自分が子供の頃をよく覚えている人は、小学生や中学生でもそれなりに周囲を洞察していること、社会や人間関係を見ていることを覚えているのではないでしょうか。道尾秀介さんの描く子供たちというのは、純粋無垢なTHE・子供というよりはそうした子供たちです。

作中に”想像は人を喰らう”という言葉があります。私はこの言葉こそ本書の主題なんじゃないかと感じました。巻末の解説を読むと必ずしもそうではないようで、それ以外にも多くの含意がある大変奥深い本ではありますが。

かなり久しぶりに小説を読みましたが、やはり良いですね。道尾秀介さんの本はこれまでに何冊か読んでいますが、楽しいだけ・綺麗ごとだけという本ではなく、じんわりと胸が打たれるような本が多いのでとても好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました