【酪農】転職等に使えるスキル・能力は身につくか1/4

酪農

酪農業ではどういったスキルが身につくか」というテーマです。

記事を作り始めたら思っていたよりもボリュームが多かったので、4回程度に分けて記事にします。今回が初回に当たります。

このような方向けの記事です
  • 酪農業で働いてみたいけど何かスキルは身につくのか
  • 酪農の仕事と自分が合わなかった時に、転職でアピールできそうなスキルは身につくのか
  • 酪農に従事しているが普段どんなスキルが身についているのか考えたことがない

こうした方々がいるのではないかと考え、このトピックを取り上げてみます。

私自身、金融機関での勤務経験と酪農業での勤務経験とがあります。酪農のみを経験している場合よりは観点が一つ多いため、参考にもしていただきやすいと思います。

さて、一口にビジネススキルや能力といっても様々な定義があるでしょう。

今回は、経済産業省が公表している「社会人基礎力=社会人としての基礎スキル」が、酪農業において

  • どのような場面で
  • どんなスキルが身につくのか

考えてみます。

なお、

  • 私の体験や同業者から日頃聞く話を基に判断している
  • 牧場の規模の大小、経営方針や運営体制により一口に牧場といっても千差万別である
  • 基本スキル中心で、専門スキルにはあまり立ち入らない

これらの点にご留意ください。あくまで大枠での話になります。

社会人基礎力とは

出典:経済産業省『「人生100年時代」に求められるスキル』

上記のように12項目が「社会人基礎力=社会人としての基礎スキル」として示されています。さらにそれぞれが、アクション・シンキング・チームワークの3グループに分けられています。

社会人基礎力とは
  1. 主体性
  2. 働きかけ力
  3. 実行力
  4. 課題発見力
  5. 計画力
  6. 創造力
  7. 発信力
  8. 傾聴力
  9. 柔軟性
  10. 情況把握力
  11. 規律性
  12. ストレスコントロール力

ですね。

私なりの結論

酪農業においても、1~12のスキルは全て身につけることが可能です。

ポイントは、「自分はこの仕事・作業でこのスキルを鍛えているんだ」という認識を持ちながら働くことだと思います。

漫然と仕事をしていると、ルーチン作業の多い酪農業では日々が流れるように過ぎていってしまいがちです。

ですが、「この作業では特にこのスキルが必要で、意識することでより明確に鍛えることができる」と分かっていれば、日々の作業で得られるものも多くなるでしょう。

以下、それぞれのスキルについて見ていきます。

個別説明~前に踏み出す力~

出典:経済産業省『「人生100年時代」に求められるスキル』

①主体性…物事に進んで取り組む力

作業例
  • 自ら新しい仕事を覚える・教えを請う(搾乳技術、発情発見、飼料調製、機械修理、など)
  • 機械トラブルなどに率先して対応する
  • 勉強会、研修やミーティングの企画

<コメント>

ルールや権限でガチガチに固められている牧場というのは滅多にないというのが私の印象です。本人が主体性を発揮したいという場合、発揮しやすい環境が多いでしょう。

<私の経験例>

  • 搾乳マニュアルの作成・説明・掲示
  • 暑熱対策で牛舎の屋根への石灰散布

②働きかけ力…他人に働きかけ巻き込む力

作業例
  • 作業改善の提案(搾乳手順の見直し、人員配置の改善案、エサの変更案、など)
  • 牧場の美化活動(ゴミ拾いや不要物の処分を他者と一緒に行う、など)
  • 待遇改善の交渉(経営層に手当の導入を求める、など)
  • 部門長や農場長といった立場での仕事

<コメント>

牧場では複数人が働いていることが一般的です。そのため、自分が「○○したい」と感じていることを経営者や他の従業員に働きかけるということは十分やれる環境でしょう。ただし、その提案などに賛同してもらえるかどうかはその人次第です。相手の納得感などがもちろん必要なので、そこを乗り越えることも含めた働きかけ力を身につけ得る場だと言えます。

<私の経験例>

  • 他の牧場の事例を基に搾乳作業の開始時間を変更
  • 従業員のモチベーション向上のために手当を導入するよう経営者と交渉

③実行力…目的を設定し確実に行動する力

作業例
  • プロジェクトを起ち上げて達成まで牽引する(乳量○○kg達成、など)
  • 目標を決めて達成まで努力する(人工授精の受胎率○○%達成、牧場の環境美化、など)

<コメント>

主体性の項目で触れたように、ルールなどでガチガチの牧場は滅多にありません。自身で目標を定めてそれに向けて取り組み続けるということは、本人にその意思さえあればやりやすいでしょう。

<私の経験例>

  • 受胎率向上のため発情発見率向上(発情観察の時間確保)
  • 受胎率向上のため種雄牛ごとの受胎率をデータ分析

今回はここまで

作成し始めたら、考えていたよりもボリュームが多く大変でした。

2回目の記事で「考え抜く力(シンキング)」の3項目に言及し、

3回目の記事で「チームで働く力(チームワーク)」の6項目について言及し、

4回目の記事で補足・まとめを書こうと思っています。

おまけ

↓酪農業に転職された方が描いたマンガです。酪農の日常が分かりやすく、リアルに描かれています。酪農ってどんな感じなんだろうというイメージはかなり具体的に持てるようになります。私は就農後に読みましたが、共感できること、酪農あるあるがたくさんで面白かったですね。

↓実際に酪農を仕事にする方向けの教科書的本です。私も酪農の基礎知識はこの本で学びました。

Amazon Prime

の会員である方や無料体験を利用すると書籍の購入に便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました