【日本酒】ある酒蔵さんで聞いた話~純米酒のすすめ~

日本酒
スポンサーリンク

大学生の頃に、新潟県のとある酒蔵さんの見学会に参加したことがあります。

酒造りの工程を一とおり見学しながら説明を受けた後、参加者一同お待ちかねの試飲会という流れでした。

その試飲会にて、案内してくださった酒蔵の方のこんな話がずっと記憶に残り続けています。

酒蔵の方
酒蔵の方

本日、皆さんには、日本酒にも本醸造・純米・吟醸・大吟醸といろいろな種類があり、精米歩合の数値の小さいものほど味がきれいで香りが良くおいしいという説明をしました。さて、では我々この酒蔵の人間が普段飲む種類はどれなのかというと、【純米酒】なんです。吟醸酒などと比べると精米歩合の数値が高い分、

  • 雑味も感じやすくなるんですが、
  • 濃厚で、
  • 米の味がしっかり感じられ、
  • 飲み過ぎを抑えることができる

のです。毎日飲むお酒となる純米酒が良いですね。

この話を聞いて以来、私もなにかにつけ純米酒を好んで飲んできました。

居酒屋などで吟醸酒と純米酒が選べる時は、純米酒を迷わず選ぶといった具合です。

安直な考え方でしたが、そうし続けてきた結果、今でも純米・純米吟醸・純米大吟醸が好きですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました