【暮らし】新型コロナウイルスワクチンの2回目接種と副反応(30代/男性/モデルナ製/体験談)

暮らし
スポンサーリンク

新型コロナウイルスのワクチン接種についてです。

私は7月に1回目の接種を、8月に2回目の接種を受けました。

職域接種で受けたため、モデルナ製でした。

1つのサンプルとして30代である私の体験談を記しておきます。なお、職域接種で同僚3名(いずれも30代の女性)も同日にワクチン接種を受けましたが、概ね3人とも私と同じ副反応でした。

1回目接種時の副反応

【当日】特になし

【翌日】注射を打った側の腕(肩)に筋肉痛のような痛みあり。ただし、仕事や生活に支障はなし。

【翌々日以降】ワクチン接種の3日後ぐらいまでは筋肉痛のような痛みがぼんやりあったが、それ以降は特になし。

2回目接種時の副反応

【当日】特になし。

【翌日】

  • ワクチン接種から半日ほど経過していた就寝中(深夜)に、悪寒と発熱で目が覚める。特に起き上がったりはせず布団を頭までかぶって何とか寝るも、うなされるような感じであった。
  • 起床後、熱を測ると38.4度の発熱。何とか仕事に行き6時から10時まで午前の仕事をこなすも、頭痛も始まり非常に辛かった
  • 帰宅後、すぐに布団に行き気絶するように4時間寝た。起床後、再度熱を測ると38.7度
  • 夕方の始業に合わせて起床し、16時から20時まで仕事をこなすも、高熱と頭痛が続き非常に辛かった。

【翌々日以降】前日の辛さはかなり和らぎ、特に仕事や生活に支障を感じることはなかった。

そもそもなぜワクチン接種を受けたか

  • 感染状況が落ち着いた際に、安心して出かけたかった
  • 親や祖父母に、万が一自分がウイルスを媒介して感染させるような事態は避けたかった
  • 感染した場合の後遺症を強く懸念した

接種後の心境

  • スーパーの買い出し等でも接種前よりは安心感を持てる
  • 感染状況が落ち着いた際には、旅行等に行きやすいと感じる
  • 親や祖父母に移す心配がかなり和らいだ
  • 2回目接種時の副反応はかなりしんどかったため、今後、3回目接種が促されるような事態となってもまずは副反応等の様子見に徹することとなる見込み
  • 打って良かったかどうかという単純な問いに対する答えは「良かった」

コメント

タイトルとURLをコピーしました