【株式投資】現在の投資目的・目標・手法

株式投資

投資目的

何度かこのブログで書いていますが、私の場合、「FI=Finantial Independence=経済的自立」です。

一般的には、意識的にか無意識的にかを問わず老後資産の形成が目的となってる方が多い印象です。要は「なんとなく将来のためにお金を増やしたい」という感覚でしょうか。私も以前はこういった心持で投資をしていました。

投資目標

具体的な投資目標は、「税引後の年間受取配当金240万円」です。

つまり、仮にFIREを実現した場合の夫婦2人の毎月の生活費20万円×12か月分を配当金のみで賄える状態ということです。

この20万円という数字ですが、かなりざっくりとしたもので、精緻な計算を行ったわけではありません。

以下内訳です。

  • 社会保険(国民年金&国民健康保険)→夫婦合計で月額6.0万円
  • 食費→月額4.0万円
  • 光熱水道通信費→月額2.0万円
  • 家賃→6.0万円
  • その他(衣服・娯楽・医療費、各種税金等)→2.0万円

社会保険料以外は、私が大学生の頃の実際の出費を基に概算しているので、なかなか質素な生活を前提としています。

投資手法

上記の投資目標達成のための手段として「米国連続増配高配当株」への投資をメインとしています。

サブとして、米国グロース株の個別株投資や、NASDAQ100のインデックス投資も行っています。こちらは、高配当株投資ではどうしても成熟企業への投資割合が高まりキャピタルゲインが得られにくく機会損失の気持ちが高まってしまう面があるため、それをなだめるために行っています。

投資目的が老後資産の形成、投資目標が資産額の最大化であったら…

仮に、私の投資目的が老後資産の形成でその具体的目標が資産額の最大化であったら、

  • SBI証券で口座開設をし、
  • SBI・Vシリーズの投資信託(S&P500か全米株式)で、
  • 毎月の定期積立投資

のみをすると思います。いわゆる楽天VTや楽天VTIは信託報酬で見劣りしますし、そもそも楽天という会社そのものに本心ではあまり好印象を持てない部分があるためです。

投資信託であれば

  • 課税の先送りによる資産運用の効率化
  • 積立設定後は放置可能で時間対効果が高い

といったメリットがあります。

投資目的が違えば投資手法も異なる。そうした考えで、現在の私はある種の「答え」とされるインデックス投資をコアとはせずに投資をしている次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました