【株式投資】AT&TとGOLDを売却→BHPを購入

株式投資

先日記事にした通り、少量保有していたAT&T株を全株売却しました。また同じタイミングで少量保有していたGOLD(バリック・ゴールド)株も全株売却しました。

それらの売却資金を元に、総合鉱業の高配当株であるBHPグループの株を購入してみました。

AT&Tの購入経緯と売却理由

出典(Googleファイナンス)

購入経緯

  • 米国高配当株投資を始めて間もなく、配当利回り7%という高利回りに強く惹かれて購入
  • 連続増配年数30年以上という実績(当時)があり、今後も大丈夫だろうと楽観した

売却理由

  • 先日のスピンオフ絡みで確定申告の手間が生じるのを避けるため全株売却(初めての損失確定)
  • 連続増配も途切れ魅力を感じなくなったため、買戻しはせず

GOLDの購入経緯と売却理由

出典(Googleファイナンス)

購入経緯

  • コロナショック後に金価格が高騰する場面があり、金への投資に興味を持った
  • 金ETF(GLD)など金そのものへ投資する形だと配当や分配がないため、金鉱株への投資を検討
  • たまたま米国株ブロガーのバフェット太郎さんがバリックゴールドを紹介しているのを見つけ、購入
  • 金界隈の資産を持つという経験をしてみたかったというのが動機のため、本格的な投資ではなく少額投資とした

売却理由

  • 購入して間もなく金価格が右肩下がりとなり、バリックゴールド株も低迷
  • 含み損を長らく抱える
  • 配当利回りも2~3%程度と大したことがなくパフォーマンスは低調
  • 最近の金価格上昇を受け、含み損が解消されたため売却

BHPの購入理由

出典(Googleファイナンス)
  • 配当利回り9%という高利回り
  • コモディティ関連銘柄の保有経験をしてみたかった
  • インフレ対策(ごく少額のためポートフォリオ全体ではほぼ寄与しないレベルだが、経験のため)

雑感

含み損銘柄は塩漬けにして配当金をもらい続け、株価が回復した局面で売却するというのがこれまでの私のスタイルでした。なのでAT&Tの一件は残念でしたね。ですが、長いことパッとしないままポートフォリオに組み込まれ続けていたこの株がなくなったことでスッキリもしました。

バリックゴールド株についてもようやく売却できて満足です。初めて保有した金鉱株でした。この銘柄を知ったきっかけはバフェット太郎さんがブログか何かで紹介していたことです。当時はこの方の発信内容というのを結構参考にしていましたが、今はかなり距離をとるようになりました。商売っ気をやや強く感じるからですね。人の勧めるものをむやみに投資対象としてはいけないということは投資初心者向けによく言われます。まさしく私もその道を辿ってきましたね。懐かしいです。

金鉱株を保有してみた感想としては、私の場合はですが、やはり金に投資をしたくなったら金鉱株への投資を優先して考えた方が良さそうだということです。単純に配当の有無が気になるからです。当然、純粋に金そのものへ投資するのとは違ったリスクも抱えることにはなりますが。GLDといった金ETFだと値動きのみでリターンが決まりますが、金価格の推移というのは何ともわからないなというのが率直な感想です。

BHPについては高利回りに惹かれ、かつコモディティ関連銘柄ということで、昨今のインフレにどうパフォーマンスが発揮されるのかが気になり上記の売却資金を充ててみました。ただし、業績は必ずしも右肩上がりではないですし、連続増配の実績が十分な銘柄というわけでもありません。サテライトのさらにサテライトというぐらいの位置付けでの購入です。

何事も経験とはよく言われるものです。私も部分的には同意です。

私が軸とするのは米国高配当株投資ですが、興味を持ったものについては少額でお試しの投資をしてきています。日本のインフラファンド、QYLD、JEPI、金鉱株、米国のハイパーグロース株などですね。

いざ投資をしてみると大体が失敗しています。ですが気にはなりつつ投資をせずに、ずっと指をくわえたまま見ているだけというよりは良かったなと思えています。

自分の投資に対する適性みたいなものが分かるという面もありますし、翻って軸としている高配当株投資やiDeCoなどのインデックス投資がどの程度自分には向いているかが浮かび上がってくるという面もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました